元野球部員が売春斡旋で逮捕の拓大紅陵が大会出場 その対応に賛否両論

 

 

全国の高校球児が甲子園を目指して戦う、全国高校野球選手権地方大会が、各地で開幕。夢の舞台を目標に、鍛え抜かれた高校生たちが熱い戦いを繰り広げる。

彼らは「健全な肉体と精神を持った球児」として、しばしばメディアに取り上げられるが、その陰で毎年のように犯罪行為が発覚。当該野球部が「大会に出場するべきか、辞退すべきか」を巡り、たびたび議論される。

そんな事態が、今年も発生してしまった。

 

 

■野球部員が売春を斡旋

事件を起こしたのは、千葉県の名門・拓大紅陵高校。春夏通じて9回甲子園に出場し、準優勝したこともある強豪校だ。

そんな名門野球部の部員が陰で行っていたのが、なんと売春の斡旋。今年1月から2月にかけてTwitterで客を募り、少女と関係を持たせていたという。

斡旋した部員3人は、7月10日に警視庁が売春防止法違反で逮捕された。すでに3月に自主退学しているが、当時野球部員であったこと、寮で生活していたことなどから、学校や部の責任が問われている。

 

■辞退せず県予選に出場

拓大紅陵高校は事件発生を謝罪したうえで、11日から始まる千葉大会については「在学生には関係なく、夢を追って頑張っている」として、出場を辞退しないことを明言。

千葉県高校野球連盟もその方針を受け入れ、12日に行われた1回戦にも予定通り登場。初回に7点を取るなど猛攻を見せ、秀明八千代高校にコールド勝ち。2回戦に駒を進めた。

 

■対応に賛否両論

拓大紅陵側としてはすでに逮捕者が退学していること、在学生には「関係ない」ことを大会出場の根拠としているが、過去には部員の喫煙や暴力行為で出場を辞退している高校もあり、「おかしい」という指摘が。

また、「売春の斡旋」はかなり悪質な犯罪であるだけに、出場について数多くの批判が存在する。

 

 


 

当ブログ管理人の感想

 ブログでは、螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏の少女買春疑惑問題について裁判所で公に公開されている裁判資料に基づいて取り上げております。
 今回配信されているニュースは名門野球部として高校野球でもお馴染みの強豪校の野球部部員による売春の斡旋行為で逮捕というニュースですが、本ブログ取材班が入手した資料では螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏の少女買春疑惑問題においても、売春の斡旋行為を疑わざるを得ないメールのやり取り(友達を紹介した紹介料についてのやり取り)を入手しております。企業の経営者や先生と呼ばれる職業に就いている方々は、こうした問題についてはリスクマネージメントの問題として捉えて、襟を正すべきでしょうし、本ブログではこうした一部の権力を持った人たちによる犯罪行為を見逃さないために公益性・公共性を目的とした情報発信をしております。

出展: (株)ケンコー・トキナー60周年記念サイト

写真は、レンズフィルターの製造・販売では日本では最大手として知られる螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏。少女買春疑惑が大手銀行の株主総会で株主提案として取り上げられた衝撃の事実が発覚している。※当ブログでは、このような悪質な行為により社会が受ける被害が減るように、裁判の資料や公開法廷で公開されている情報に基づいて情報公開しています。

 

 

螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏の実態については以下の記事をご覧ください。

1)大手銀行の株主総会の株主提案で少女買春疑惑を指摘された螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏

http://kaisyun-toru.jugem.jp/?eid=1

2)(続報)300人以上の女性(女子高生含む)と買春をした挙句、本妻に対して離婚訴訟を提起しているケンコー・トキナー代表取締役社長の山中徹氏の買春相手の女性の陳述書

http://kaisyun-toru.jugem.jp/?eid=2

3)(さらに続報)300人以上の女性(女子高生含む)と買春をした挙句、本妻に対して離婚訴訟を提起しているケンコー・トキナー代表取締役社長の山中徹氏の衝撃の主張の内容

http://kaisyun-toru.jugem.jp/?eid=3

 

 

※公開している情報は、プライバシー権に考慮した上で公開しております。螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏については、大企業経営者であることは公然とした事実であり、本件に関して公権力を使った行為があった事実についても当ブログ管理人は確認しておりますので、当ブログでは公人として評価しております。

※参考

みなし公人

実業家・労働運動家・学者・宗教家・文化人・芸能人・性風俗関係者・スポーツ選手・弁護士・専門資格保持者等、一般的な公人には含まれない有名人のことを特にみなし公人(準公人)と呼ぶ。
実業家のうち大企業経営者、労働運動家の中でも労働組合幹部、弁護士は公権力(国に直接・間接関与)に大きな影響力を持つことから、また芸能人は自らプライベートを公開しなおかつ社会的に大きな影響力を持つことから一般的な意味での公人に含めることも多い。

  • 2017.07.23 Sunday
  • -
  • 09:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
    Comment





       

    PR

    Calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM