3人に強制わいせつ 初公判で被告認める 群馬

 女性の体を触るなどしたとして強制わいせつ致傷などの罪に問われた埼玉県本庄市小島南の無職、五百部(いおべ)義文被告(36)の裁判員裁判の初公判が3日、前橋地裁(國井恒志裁判長)で開かれ、五百部被告は起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で「被害を受けた女性たちは事件後も継続して強い恐怖心を持ち、被害結果は重大」と主張した。

 起訴状などによると、五百部被告は昨年6月から9月にかけ、県内や埼玉県内の路上で10〜20代の女性3人の胸や下半身を触り、うち1人にけがを負わせたとしている。次回公判は4日。

(2017年7月4日付 産経新聞より)

 

当ブログ管理人の感想

 当ブログでは、螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏の少女買春疑惑問題について裁判所で公に公開されている裁判資料に基づいて取り上げておりますが、こうした大企業経営者や先生と呼ばれる職業に従事する一部の人たちが行っている買春や強制わいせつといった問題の何が問題かというとやはり自分の地位を最大限に活用して反社会的な犯罪行為を握りつぶす蓋然性が高いというところにあるのだと思います。企業の経営者や先生と呼ばれる職業に就いている方々は、こうした問題についてはリスクマネージメントの問題として捉えて、襟を正すべきでしょうし、本ブログではこうした一部の権力を持った人たちによる犯罪行為を見逃さないために公益性・公共性を目的とした情報発信をしております。


 

出展: (株)ケンコー・トキナー60周年記念サイト

写真は、レンズフィルターの製造・販売では日本では最大手として知られる螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏。少女買春疑惑が大手銀行の株主総会で株主提案として取り上げられている衝撃の事実が発覚している。※当ブログでは、このような悪質な行為により社会が受ける被害が減るように、裁判の資料や公開法廷で公開されている情報に基づいて情報公開しています。


 

 

螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏の実態については以下の記事をご覧ください。

1)大手銀行の株主総会の株主提案で少女買春疑惑を指摘された螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏

http://kaisyun-toru.jugem.jp/?eid=1

2)(続報)300人以上の女性(女子高生含む)と買春をした挙句、本妻に対して離婚訴訟を提起しているケンコー・トキナー代表取締役社長の山中徹氏の買春相手の女性の陳述書

http://kaisyun-toru.jugem.jp/?eid=2

3)(さらに続報)300人以上の女性(女子高生含む)と買春をした挙句、本妻に対して離婚訴訟を提起しているケンコー・トキナー代表取締役社長の山中徹氏の衝撃の主張の内容

http://kaisyun-toru.jugem.jp/?eid=3

 


 

※公開している情報は、プライバシー権に考慮した上で公開しております。螢吋鵐魁次Ε肇ナーの代表取締役社長・山中徹氏については、大企業経営者であることは公然とした事実であり、本件に関して公権力を使った行為があった事実についても当ブログ管理人は確認しておりますので、当ブログでは公人として評価しております。

※参考

みなし公人

実業家・労働運動家・学者・宗教家・文化人・芸能人・性風俗関係者・スポーツ選手・弁護士・専門資格保持者等、一般的な公人には含まれない有名人のことを特にみなし公人(準公人)と呼ぶ。
実業家のうち大企業経営者、労働運動家の中でも労働組合幹部、弁護士は公権力(国に直接・間接関与)に大きな影響力を持つことから、また芸能人は自らプライベートを公開しなおかつ社会的に大きな影響力を持つことから一般的な意味での公人に含めることも多い。

  • 2017.07.23 Sunday
  • -
  • 18:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM